greeting ご挨拶

福岡県立福岡女子大学 家政学家政学科被服専攻 卒業
文化服装学院 ファッションデザイン専攻科 卒業

1980~1885
文化服装学院学院長秘書
既製服・ニット・スポーツウエアメーカーのデザイナー
1998~
福岡にてオーダーメイドのデザイナー
2007~2010
岩田屋オーダーサロンデザイナー勤務
2014~
福岡市の浄水通りにてオーダーメイド服専門店を営む

ハイファッション・カルダン賞候補
神戸ファッションコンテスト銀賞受賞

福岡県女性研修の翼27回生 翼の会会員
福岡市男女共同参画推進センターアミカス アミカスサポーター
福岡女子大学同窓会筑紫海会理事
(一社)女性起業家スプラウト 女性起業家活躍推進事業 リーダー

良いものを永く大切に着るファッションライフを広めたい。
自信をもってファッションを楽しんで頂けるお手伝いをします。

Fiertemina が目指すもの
ファッションが大好きでファッションデザイナーになりました。

既製服に長年関わりましたが、作った製品が残った場合は悲しいものでした。既製服はあふれるほどあり、確かに気軽に買えますが、次第に大量生産大量消費ではないものに惹かれていったのです。

服装史には様々な美しい手仕事が残っています。刺繍やレースやビーズだけでなく縫製の繊細さにも大変魅かれます。クリスチャン・ディオールの美しいラインは高級sな生地と技術でないと生まれません。選び抜かれた生地・カッティング・仕立てによる美しい服たちは美術館に入るほどです。

世界に一つのオリジナルなオーダーメイド婦人服は女性たちに誇りをもって着て頂けるものになる。

そういう確信のもとで服作りをしています。難しい縫製のこなせる職人は本当に減ってしまい、職人の育成も急務です。素晴らしい手仕事を用いて着て見て動いて美しい服を作ることが服作りの基本です。

女性の活躍推進が叫ばれ女性リーダーが期待されるようになり、ファッションリーダーとしても注目されるこの頃です。高品質で同じものがないオンリーワンのオーダーメイド服は仕事する女性たちが安心して自信をもって装うことができ勝負服とするには最適です。

クチュールフィエルテミナはフランス語のお仕立て(クチュール)と誇り(フィエルテ)の意味を持ち、女性が自信をもってファッションを楽しんで頂きたいという思いが込められています。忙しい女性たちが既製服を探しまわるよりも自分に似合う着心地良い服を作るという選択肢を増やして活用して頂きたいのです。

課題もあります。魅力的なオーダーメイド服に仕立て上げる熟練縫製職人が高齢化し、後継者がいない危機感を感じています。リフォーム・リメイクしてでも着たい大切な愛着服を美しく仕立て直すにも必要な技術です。

機械ではできない大切な手の技術を守り若い世代に残したいと考えています。