order flow-fiertemina(フィエルテミナ)

order flow - since 1992 -

First Process生地・デザインの選定

step1

まずは、どんな服をお求めになられているのか、どんな用途に探しておられるのかをお聞きします。

お客様のご希望をきめ細かく伺い、イメージ写真やデザインブックを参考にデザインの方向を決め生地の候補を選んでいただきます。

step2

生地はご希望に応じてお探しいたします。
生地サンプルはこちら

お客様のお持ちの生地をご持参頂いても対応いたします。ご希望の生地が手元のストックにない場合はサンプルブックによるお取り寄せもできます。

step3

生地を実際にお客様のお身体に掛け鏡に映して、色・柄・デザインのイメージを確認していきます。

 
 
 

婦人服は布もデザインも多種多様、バラエティーに富んでいます。

まずはTPOに応じてビジネス用、フォーマル用、カジュアル用等それぞれに適した素材・色・柄の生地を選びます。また、布はそれだけを見た感じと実際に身体にあてて映して見た感じが違うことがあります。

肌や髪、目の色に映る相性の良い色を見つけることも大切です。

step4

布は薄い、厚い、柔らかい、硬い、透ける、張りがあるというように様々な性質を持っています。

布の持ち味に応じたデザインや付属使いをご提案し、お好きなスタイルにデザイン画を描いていきます。

step5

生地とデザインが決まりましたら、スリーサイズはもとより、洋服の着丈、袖丈、襟の大きさ、ネックラインのあき方、デザイン線の位置、フリルの採寸など細かく寸法をおとりします。
同時に身体のくせや左右差などを見せていただきます。

ご遠方・ネット注文をご利用の場合

  1. 1. 基本的には直接お客様とお会いしてのご注文になります。
  2. 2. 福岡近郊は出張も可能ですので、ご相談ください。
  3. 3. サンプル品があり、それと全く同じ形・同じ寸法のもののご注文のみ仮縫いなしでお受けいたしますのでご相談下さい。

Second Process採寸 … 仮縫い 2weeks

step1

準備のできた仮縫いを着て頂きます。
実際に生地でできているので出来上がりのイメージがつかめます。ピンを使って留めつけて全体のシルエット、身体とのフィット感、デザイン線などの詳細を補正していきます。

step2

仮縫いはお客様とお話をしながら補正部分を確認していきます。

この時にご希望や変更したい箇所等伝えてていただけますと可能な限りお応え致します。

step3

お客様の着心地を考え着て動いて頂きます。

仕事上での立ち居振る舞いや服装に対するこだわりのご要望などがわかると仮縫いで調整できることもあります。

仮縫いの準備が出来ました。

オーダーメイドの流れの中で仮縫いはとても重要です。
出来上がる服をイメージしてより良いものに作り上げるための確認作業になります。

仮縫いはお客様の寸法からつっくた型紙(パターン)を使って生地を裁断して仮に組み立てたものです。

衿やデザイン線で補正変更の必要な部分は専用のシーチングという布を使って仮縫いします。

出来上がりに必要な付属品(肩パット、ボタン、裏地等)も見て頂くようにご用意します。

step4

全身を鏡に映して見て頂きながら全体のバランスをチェックします。スーツはスカート丈とジャケット丈とのバランスがいいとすっきり見えます。

step5

服の用途に応じてコーディネートのご提案をいたします。着回しが利くように昼のお仕事用スーツに共布のリボンを添えて夜の会合用に変化をつけます。

ご遠方・ネット注文をご利用の場合

  1. 1. 基本的には直接お客様とお会いしてのご注文になります。

Last Process仮縫い … お仕立て完成 3weeks

step1

左の昼用、右の夜用と付属をお付けすることで変化の楽しいスーツとなりました。

step2

出来上がりをご試着頂きチェックをさせて頂きます。着て見て触って動いて頂き問題がないか見せて頂きます。

step3

お客様にお納めいたします。職人が丁寧に縫い上げた服の着心地をお楽しみください。

生地の残り布をお渡ししています。

お客様と一緒にお洋服との永いお付き合いをしていくためのアフターサービスもいたしますので、お気軽にご相談ください。

ご遠方・ネット注文をご利用の場合

  1. 1. 基本的には直接お客様とお会いしてのご注文になります。
  2. 2. 福岡近郊は出張も可能ですので、ご相談ください。